ひめじ国際短編映画祭プレゼンツ~2017・映画のトビラをひらこう~2017年7月29・30日

今回のテーマは「映画のトビラをひらこう」
ただ作品を鑑賞するのでなく、製作の裏側を監督と共に一作ずつ、解説や脚本レクチャーと共にじっくり楽しく見ていきたい。そしてあわよくばワークショップもして欲しい!
というわけで、監督、脚本家、俳優という多彩な顔を持ち、トークイベントにも出演されている渋谷悠監督(2014年度のスポンサー賞 ホテル クレール日笠賞受賞作品「始まりの試験」の監督)をゲストに迎え、短編作品の特集上映、脚本レクチャー、「お話」作りワークショップを実施します!観て、聞いて、作っての盛り沢山なプログラムです。

渋 谷 悠 監督

1979年、東京都八丈島生まれ。脚本家、映画監督、舞台演出家、たまに俳優。
アメリカ・インディアナ州パーデュー大学院にて創作文学の修士号を取得。日米共同制作の短編映画『自転車』が第66回ベネチア国際映画祭を含む世界23の映画祭で入選・受賞を果たし、自らの作風に確信を得る。
2014年に旗揚げした演劇プロデュースユニット牧羊犬は、緻密な人間ドラマと大胆な構成力、そして映像的な演出が話題を呼び、着実に公演を重ねている。
映像・舞台制作の傍ら、ナレーション、トークイベントの出演、eigaworldcup脚本部門審査員、東京フィルムセンターにて特別講師を務めるなど、その活動の幅は広い。
https://www.shibu-shibu.com/


☆Devon Avery デボン・アベリー監督☆トーク&作品ミニ上映会

日時:2017年6月24日(土)18:30~20:00(予定)
会場:イーグレ姫路 地下アートホール

上映予定作品
「One-Minute Time Machine (2014)」
「SYNCED」ダイジェスト版・姫路ロケ作品
(2017アメリカ国内上映予定作品)
入場:無料


ひめじ国際短編映画祭2014でゲスト参加していただいたデボン・アベリー監督が姫路にやってきます。
世界中で評価を受けている「One-Minute Time Machineワン ミニッツ タイムマシン」の上映や
2015年に姫路ロケをした長編初作品「SYNCED」のダイジェスト版上映予定。


Devon Avery。
ロンドン出身、アメリカ在住。
地球物理学者として10年間働いた後、夢だった映画の世界へ。
ロサンゼルスに移り、マーチン・スコセッシや、クリント・イーストウッドなど
著名な映画監督の元で映像製作を学ぶ。プロとして始めての短編作品となる
「PRACTICE MAKES PERFECT」は、CINE Golden Eagle award2013での受賞をはじめ
多数の国際映画賞で受賞、ノミネートを果たす。
初の長編作品「SYNCED」が2017年アメリカ国内で上映予定。




更新履歴



ひめじ国際短編映画祭ブログ